FC2ブログ

ガンアクションアドバイザーとは? 俳優編

私の仕事、「ガンアクションアドバイザー」が関わるとその作品はどう変化するのか?

関わる作品にもよりますが、
真っ先に効果が表れるのはエンターテイメント寄りの「派手」の方向ではなく、
むしろ、動きが抑制された「地味」なモノになっていきます。

俳優さんには「本物の銃を扱っている」というセオリー(理論)の基として
「銃が危ないもの」という意識が芝居から伝わるように指導するので

・平時、安全装置をかけ銃口は安全な方向に向けておく
・不用意に引き金に指をかけない
・体幹の枠内で銃を扱う

を基本とし「危険な実銃を扱う役」として、観ている側の違和感を少なくします。

間違った扱いをしないという安心感で
「ストーリーや背景をより引き立たせる為のガンアクション」になっていくのです。
その基本動作と考え方を踏まえたうえで
初めてエンターテイメント寄りの「派手」の方向に移行できるわけです。

さらにアクションの重要性も大事なことなのですが、
アクションしていないその役の「立ち振る舞い」「佇まい」が観客に見られている時間が多いので
「慣れている」「余裕感」に繋がる基本動作と考え方がいかに重要か分かるはずです。


by 細川雅人






スポンサーサイト



[ 2014/03/20 00:01 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

旧年中は関係者各位様、大変お世話になりました。
本年もさらなる飛躍を目指して精進してまいります。
引き続きお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

aes代表 細川雅人







[ 2012/01/01 00:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

更新停滞中

大変長らくご無沙汰しております。

Hosokawaが多忙のため更新が滞っております。
某自主制作映画に協力などをし、頭と体をアクティブに働かせている次第です。

次の更新は気長にお待ち下さい。



By 弓削島





[ 2010/05/17 00:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)