FC2ブログ

バリケード

1993年1月某日

褐色の太陽が真横にある。
影が長い風景の中、VAB装甲車はターボ音を響かせながら進む。
早朝の快適な空気は一瞬だった、一秒ごとに周りの気温が上がってくる感じがした
運転手のダノ一等兵以外の分隊全員が周囲の状況を監視するためにVAB装甲車のルーフ(屋根)上にいた。
ヘルメットにペラペラの安物ゴーグル、顔には仏軍語でシュシュと言われる長いターバンを
顔や首にぐるぐる巻きにして粉塵と直射日光避けにしていた。
半袖の戦闘服はいいのだが砂漠迷彩の防片ベストは全く空気を通さない。
私が座っている目の前にはラジエターがルーフ面と水平に埋め込まれていて
下からのファンで熱風が私にまともに当っていた。オマケに自分の吐息がシュシュの中に溜まる
「VABの上では最悪の場所だ・・・」
そう思いながら、ゆっくりと仲間を見渡した。
皆、グラグラと頭が揺れていた。
「いまさら場所は代われないな・・・」
全員がそれなりに、日頃の肉体労働と寝不足に耐えていた。
私も昨夜の歩哨に就いていて、ろくに寝ていないので頭がボーっとしてきた。
恐ろしく暑い環境でも睡魔はやってくるものだなと自分自身で感心していた。

「ショミューク!!!!」

小一時間進んだところで突然声が響いた。
見ると前を向いて監視をしていたはずのイギール軍曹が、
後ろのポーランド人のショミューク一等兵に向かって叫んでいた。

「お前!! 今度寝ているところを見つけたら殺すゾ!!」
「はい、軍曹・・・」

前も後ろも監視しなくてはならない軍曹は大変だ。
でも、私たちよりも肉体労働や歩哨に立たずに済むので体力と睡眠には余裕があるのだろう。

しばらく行くと、
左前方に2~3台の車両群が小さくチラチラと低木に遮られながら見え始めた。
狙撃銃のスコープを見ないでも確認できた。
「軍曹・・・」
と私が声を出そうとしたと同時に軍曹は少しかがんで車内で流れる無線に注目し、
運転手のダノに何やら指示をした。
先頭の隊長車がややスピードを上げ、道から外れ左にそれて行く、
後続の車両が砂塵と共にそれに続いた。

そこにいたのはフランス正規軍の偵察部隊であった。
VBL軽装甲車とP4ジープ、カジバ製のオフロードバイクが雑然と待機していた。
意外と隊員たちは気さくで正規軍特有のノンビリとした雰囲気だった。
装備も我々の外人部隊とは違い、各自が選んだ戦闘服やオリジナルの銃器を装備していた。



偵察部隊の隊長と私たちの小隊長が何やら話しているのを横目で見ながら、
私は偵察隊員の一人(アラブ系の先任伍長)に装備について質問をしたりして時間を潰していた。
どうやら偵察部隊の一部が我々と同行するようで、
先ほど装備について話していた先任伍長のジープが後続車に加わるらしい。

「第一分隊が先頭だ! 第三分隊、支援分隊と続け!」小隊長が叫ぶ
「シコは俺の横に来い、お前ら! これから本番だぞ!」軍曹が我々第一分隊の隊員を睨みつけた。
隊長車の傍ら、先へ行けと腕を振って車両誘導しているボーデット小隊長を見降ろしながら
VABがゆっくり進み始めた。
正規軍偵察部隊のジープは我々第一小隊の支援分隊のトラックの後ろ、
隊長車は最後尾でついてくるようだ。
イギール軍曹とシコ伍長が監視域を強化するため、VABのフロントノーズに立った

緊張感が一段と増した

目の前の「褐色の砂と石」の道路は、最近まで地雷埋設の可能性があるとして封鎖されていた道である。
我々の主な任務は、地雷の埋設痕やワイヤーで仕掛けられたブービートラップなどを発見除去し、
道路の安全を確保していく事であった。

遠くが見渡せる平地から次第に低木が生い茂る中を、私たちのVAB装甲車が隊列の先頭を慎重に進む。

時折、道に浮いた不安定な石が籠った音を立ててタイヤに弾かれ飛んでいく、
整備されていない道は、時より大きく車体が傾いてサスペンションの軋む音と共に
隊員たちの身体を揺らし、太陽光線は容赦なく露出している腕の皮膚に突き刺ささってくる。
眩しさで眼も開けていられず、隊員たちはずっと顰めっ面をしている。
朝の気温とは比較にならないほどの高温を重装備に包まれながら体感していた。

しばらく進むと右手側と左手側に薄高い稜線が現れていた。
落差はあまりないが、どうやら谷状の道を進んでいるようだ。

進みながら私の頭に湧いてきた不安は「アンブッシュ(英語)」という敵勢力の待ち伏せだった。
待ち伏せている敵は土地の利を生かして兵員を配置し、
こちらが容易に反撃や退却ができない体制で攻撃してくる。
敵の戦術にハマれば高確率で味方に死傷者が出る。
そのうえ、相手が手錬なら全滅の可能性も十分あった。
私はもう一度装備を点検し、遠くに見える薄高い丘からのRPG-7の発射時の閃光を想像し、
その後に繰り広げられる戦闘を想像していた。

さらに進むと周りに木々が多くなり、見通しが悪くなってきた。

とその時、目の前に道路を塞いでいる検問所らしき建造物が現れた。
一瞬で緊張した空気が隊員たちを包み込み、
防塵カバーから取り出していたFA-MAS小銃を握りしめた。
VAB装甲車は急ブレーキを踏み、みんなルーフの上でつんのめった。

軍曹が双眼鏡を急いで取りだし、その前方の建造物に敵らしき人影がいないか注目した。

VABのアイドリング音だけが辺りに響いていた。

「大丈夫だ、ただのバリケードだ」
軍曹は残念そうにヘッと笑い、運転手のダノに先に進むよう命じた。

近付くと、道路封鎖の為バリケードが道路の真ん中に設置されていた。
それは直径30cmくらいの丸太を×状に組み合わせて有刺鉄線と絡めた雑な作りの物だった。
それにゴミや葉っぱなども張り付いて、動かすにもどこから手を付けていいのか分からない状態だ。
とにかくこのバリケードを道路から排除しないと前には進めない。

「おい、早くどかせろ!」
軍曹が怒鳴った

VABから降りた私を含む5~6人の隊員は、
道路に鎮座しているゴミ化したバリケードを排除するため取り囲み始め、
突き出ている丸太を手掛かりにして転がそうとするが、
何本か丸太が地面に突き刺さっており中々動かなかった。
油断すると有刺鉄線が顔や露出している皮膚に容赦なく突き刺さった。
作業をするには邪魔となる狙撃銃を背中にした私と、FA-MAS小銃を背中にした他の隊員たちの額には、
玉のような汗が噴き出て必死の形相になっていた。

「よ~し、みんなVAB乗れ!!」
息が上がった状態のままVABに乗り込む。
後続の他の分隊は周囲の警戒に当たって手伝ってはくれない。
しばらく進むとまたバリケードがあり、今度は人の背丈ほどもある大岩だった

「うそだろ・・・・」
皆がそう思ったに違いない。
これもまた人力で四苦八苦しながら転がし、
みんなで息を合わせやっとの思いで道路の端に追いやった時は、もうヘトヘトだった。

私は最初からある疑問を持っていた。
VAB装甲車やトラックなどの車両には電動ウインチがあるのに、何故それらを利用しないのだろう?
という事だった。
利用すれば作業は簡単なのでは?と思うのだが・・・。

電動ウインチを使わない理由・・・それは単純に「出し惜しみ」である。

グリスまみれのワイヤーが粒子の細かい土によって汚れるのを整備関係者が嫌い、
出来るだけ使わないようにする平時の習慣が、そのまま実際の戦場まで引きずっていたのだ。
実戦地域、それもいつ武装集団が現れてもおかしくない状況こそ使うべきなのに、
誰も言いださないような普段の思考とは恐ろしいものだ、と今でも思う。
そして、時として表に出てくるこの類の悪習が改善するほどに
いつも実戦をしているわけではない証拠でもある。

このようなバリケード排除作業を夕方までに6回やったと私の日記には書いてある。
余程バカバカしくて辛かったのだろう。


続く・・。


by HOSOKAWA






スポンサーサイト



[ 2010/08/23 00:00 ] 回想録 | TB(-) | CM(-)

スナイパー エピソード2

1993年1月某日

内戦状態のソマリアにいた。
一か月前に隣国のジブチから緊急展開派遣されてきたのだ。

この日の任務は、我々の拠点であるオゥドール空港から
アメリカ海兵隊が駐屯しているバイドアまでの主要な国道の安全確保であった。
道に地雷を埋設した跡がないか、ピアノ線やワイヤーなどでの仕掛け爆弾などがないかを捜索し、
発見次第処理することが主な内容であった。
もちろん、現地の武装集団に遭遇すれば応戦し武装解除させることも含まれる。

朝早くから露営地では装甲車の暖機音が響いていた。
私が出発の準備をしているとシコ伍長がやってきた。

「Hosokawa、お前ロケット砲担当だったな。FRF2(スナイパーライフル)持つか?」

「はい!持ちます」私は間髪いれず答えた。

私のロケット砲は、4発の実弾ロケット弾と一緒に装甲車の中に収納されており、
手元にある武器は9mm弾のピストルだけだった。
ピストルだけでは心許ない感じがしていたので、シコ伍長の話は渡りに船だった。
先のジブチでの出来事(コーラ缶射撃)があってから、シコ伍長は私を狙撃手に仕立てようと躍起であった。

シコ伍長は単に長くてデカイモノを持ちたくないのか?
もう小隊のキモ(命)を握るスナイパーの位置にいないのだろうか?
で、そんな疑問を彼に投げかけてみた。

「オレは軍曹のサポートと地雷探知機で忙しい、
同じ中隊の幾人もの正規のスタージ(課程)を受けたスナイパーよりお前はセンスがある」

と、シコ伍長に言われた。

「ロケット砲手の私がスナイパーライフルを持って大丈夫ですかねぇ?交戦しても問題にはならないですか?」

と尋ねていたら、私の話が終わらないうちに彼は、

「軍曹! 軍曹!!」

と叫びながら駆け出し、イギール軍曹を探し当てチラチラわたしを見なが話しを始めた。
しばらくすると彼らは、中隊長のジュリアン大尉のいるにテントに入って行った。
数分後、戻ってきたシコ伍長は、

「他の小隊の手前もあるから、車が出たら銃を渡す」と言った。

シコ伍長とイギール軍曹が、この作戦の責任者であるジュリアン大尉に正式に許可を取ったのだ。
こうして私は、出発直前になってシコ伍長の思惑通り「にわか狙撃手」になることを許されてしまった。
小隊全員が装甲車の甲板上に乗り、装備や荷物をチェックし始めた。

「よし、いいぞ!!出せ!!」イギール軍曹が運転手に向かって叫ぶ。

ルノー製のエンジンが唸りを上げ装甲車がゆっくり進み始めた。
ゆっさゆっさ身体を揺らしながら先頭を走る隊長車の後に続く。

「敵が来たらお前が仕留めろ」

装甲車のエンジン音と排気音の中、シコ伍長はスナイパー用の装備一式を私に手渡した。
他の小隊にも、同じ形式・仕様のものが装備されているが、
砂埃で汚れた防塵カバーから長くてずっしりとした黒い物体を取り出してみると、
それは「特別に命中率が高く調整されたスナイパーライフル」のように感じた。

「もし自分がシコ伍長の立場だったら、自分のスナイパーライフルを他人に託すことが出来るだろうか?」

と思うと、様々な責任を手にした銃と同時に受けとった気がした。

手入れの行き届いたスナイパーライフルを膝元に乗せ、
しばらくその「重さ」とこれから起こるかもしれない戦闘の事を考えながら、
紅い砂塵の向こうで遠くの地平線がゆらゆらと揺れていた。


-------------------------------------------------------------------------

昔の外人部隊の臨機応変さ、悪く言えば「いい加減さ」を表しているエピソードである。

「錬度が高いスナイパー」は、決して自分の銃を他人に貸したりしないし、
それを知る他の隊員は受けとろうともしないはずだからである。




〈写真解説〉
- 第6外人工兵連隊のパンフレットから抜粋 -
写真下段中央が私、一番右がイギール軍曹、一番左がシコ伍長 
上記エピソードの出発時に偶然撮影されたものだが、スナイパーライフルはまだシコ伍長の手元にある。

この数時間後に「あんな事態」が待ち受けているとは・・・・・・


by HOSOKAWA






[ 2010/01/03 20:00 ] 回想録 | TB(-) | CM(-)

スナイパー エピソード1

1992年10月某日

私は東アフリカのジブチ共和国にいた。
とある前線陣地で3個小隊が任務に就いていた。
太陽光線で焼けた黒々とした岩石が無数に転がる灼熱の砂漠で、
遠くには紅海の一部が見える高台の陣地だった。



その日の夕方、FRF2狙撃銃の銃声が散発的に響いていた。
うちの中隊で一番上手いスナイパー、古参のシコ伍長がスコープの調整をしていたのだ。

私は9mm弾ピストルと89mm対戦車ロケット砲のメンテナンスを終えて、銃声がする方へと向かった。
簡易に作った射撃場に到着すると7~8人が集まっており、
スコープ調整が終わったスナイパーライフルを代わるがわる3発ずつ撃っていた。

ターゲットは約300m先に置かれた赤いコーラの細缶だった。
コーラ缶は黒い岩肌の丘に約3m間隔で5つあり、その様子を肉眼で確認するのは困難であり、
双眼鏡で覗くとその内の一つだけ倒れている事が確認できた。

容赦なく降り注ぐ直射日光で猛烈な地熱と気温の中、
ブルターニュ地方出身ダノ一等兵がかなり時間をかけて狙いを付け引き金を絞った。

「ズバンッッ!!!」

缶から右に50cm離れた位置で岩が砕け散り、白い着弾煙が上がった。

「おいおいダノ、全然だめじゃないか」

双眼鏡で着弾を確認していたアラブ系のアルーシュ曹長が、ダノの横で首を振っていた。
今のが最後の3発目だったダノは、次のモフワ一等兵に代わった。
5つある缶の一番右は既に誰かが撃ち抜いて倒しており、右から2番目の缶を狙っているようだった。
モフワは3発中1発も命中出来ず、着弾が缶から右左上下50~1mに外れていた。

私はその様子を見て、
「結構難しい状況かな・・・何が原因であれほど大きく外すのだろう?」と考え始めていた。

次のウベール軍曹が3発目に命中させて得意げに笑っていた。
着弾煙を見ていると左から右に秒速1~2mくらい風が吹いており、
「海から影響で風が吹いているのかもしれないな~」と私はぼんやり考えていた。
太陽に位置、地熱の陽炎、銃口付近と標的との風向きの差など、他の影響もあるかも知れない。
これらは予備知識として既に学んでいた情報だが、
自然環境が影響しにくい整備された射撃場ではなく、
実際の現場ではどのように調整しているのかとても興味があった。

アラブ系アヴサレム伍長は3発中0発、
続いて旧東ドイツ出身で身長190cmザンダー一等兵は2発目に命中して喜んでいたが、
着弾の時の岩の破片が当った事がシコ伍長に指摘され消沈・・・結果3発中0発 

ザンダーの次は私ではなかったが
日頃から何かと気に掛けてくれているシコ伍長がめざとく私を見つけ、
「Hosokawa! 次はお前が撃て!!」と強引に私に伏射姿勢を取らせた。

「いいかHosokawa! 左から二番目のコーラの缶だ!」

体勢をごにょごにょと微調整し「肩」「肘」「手」の三角点を決めると同時に呼吸と心拍数を抑え始め、
マガジンの3発の弾丸を確認、薬室に7.62mmの弾をボルトで薬室に押し込めた。
安全装置を外しスコープを覗くと300m以上離れた岩山に置かれた250mlのコーラー缶は、
赤い頼りない点として低倍率スコープの中で揺らいでいた。

FRF2の標準スコープの照準はクロスヘアではなく、
左右から突き出た横棒2本と下から突き出た五寸釘ようなの照準だった。



「これはきついな~」

コーラの細缶に狙いを付けると、その太い五寸釘の先端でコーラ缶が隠れてしまう

「ほんの先を細缶の中央に合わせないと当らないぞ」

双眼鏡を手にしたシコ伍長が私の肩越しにアドバイスしてきた。
スコープの低倍率に嘆いても始まらない。
これでやるしかないのだ。

心を落ち着けると次第に色々なことが分かってくる。
呼吸は上下、心拍数は左右、といった感じに各影響がビンビンと視覚で見てとれる。
「あ~なるほどこれはリキムと当らないな」っと直感し、と同時に頑ななリラックスモードに転換する。

次第に周りの話し声や遠くで誰かが仲間を呼ぶ声も遠ざかり、自分が自然の一部となる気がした。
緊張すれば長く狙撃体勢を取ることが出来ない。
また、筋肉の細かな震えで照準が安定せず、呼吸も心拍数の抑えられない。
体勢や指先に変な力が加わり外してしまう。
しかし、集中しないと周りの環境に左右されたり、気持ちが途切れたりして纏まらない。

心を静かに、そのバランスをとる。

身体から「力み(リキミ)」というものをなくし、神経だけを研ぎ澄ます。
両目は開いているがトロンとしてくる、口は半開き、半分寝ている感覚にも似ている。
あれだけ小さかった赤い点がだんだんと缶の形を成して来て、
流れる風や地熱のゆらぎから缶の表面の凹み、さらには文字まで見えてくる気がする。
細部と全体が同時に把握できるような感じがしてくる。

瞬(まばた)きの回数も減り、呼吸と心拍数とも安定し、呼吸の上下の動きだけに注意するだけの環境になった。
照準は缶を上下になめるように、息を吸うときは上に、吐くときは下にゆっくり動いていた。
次はその上下スピードを遅くしていく。

そしてゆっくりとした上から下の動きの中、缶の中心を捕えた瞬間に引き金を絞る。
その時、缶がすぐ目の前にある感じがした。

「ズバンッッ!!!」

一瞬視界が揺れ、岩が弾けるところが見えた感じがした。

「あ~~惜しい!!! 50cm真下だ、Hosokawa!!! 50cm真下に当ったゾ!!」
シコ伍長が叫んだ。

「いいぞ、いいセンスだ!!」

とたんにシコ伍長にテンションが上がり、あれやこれやアドバイスをしてきたが
私はあまり聞く耳を持たず聞き流していた。
この一発で分かった感覚を自分の中で反復していたのだ。

「なるほど・・・・これは結構シビアだぞ」

缶の真中で引き金を引いたつもりだったが確かに心持ち遅かった。
自分の慎重さも手伝ってか、引き金が自分の予想よりも遅く落ちたからだった。
同時に事前に銃のクセを知る大切さが分かった。
なによりも呼吸による微(かす)かな胸の動きや心臓の鼓動が、
300m以上先の標的上ではm単位の大きな動きとなり、狙撃手の気持ちまでもが着弾に現れることに驚いた。

両目を開けたまま、体勢を崩さず、すぐさま次弾をボルトで薬室に押し込める。
集中力を途切れさせたくなかった。

「慎重に・・慎重に・・・リラックス・・リラックス・・」と

自分の事のように呟くシコ伍長のアドバイスは、風のように頭上を過ぎて行った。
缶が大きく見え始め、中心が分かった。
後はタイミングで引き金を絞る。

2発目。

「ズバンッッ!!!」

一瞬視界が揺れ、薄いアルミの感触がした。
缶の左上を当ったような感覚もした。

「いいぞ!!!よし!!命中だ!!」
シコ伍長が叫ぶ。

「最後の缶を当てろ!!!一番左のだ!!」

既に3発目を装填していた私は「分かってますよ~」と心の中で呟いていた。
シコ伍長が指示した一番左のターゲットは、全体の4分の1を岩が隠しており結構厄介だった。

3発目を撃った。

「ズバンッッ!!!」

「よし!! いいぞ!! hosokawa!!!! ド真ん中だ!!」

気を良くしたシコ伍長は喜々として新たなターゲットを置きに行き、特別にあと3発撃たさせてくれた。
その後全てを命中させた私は、
ハイテンションなシコ伍長のスナイパー個人講習にその日夜遅くまで付き合わされるとこになった。


難しいのは「狙撃の世界に入る感覚」や「状況把握力」そして「緊張とリラックスのバランス」
必要なのは絶対的体力(環境に左右されない体力)と精神を制御できる考え方など。

この一連の経験は私にとって大変有意義なことになった。


by HOSOKAWA

sengi-4.jpg





[ 2009/12/20 00:00 ] 回想録 | TB(-) | CM(-)

矯正ギブス

外人部隊時代、訓練ではどこに行くにもバックパックと装備品がついてまわった。

腰に付いている水筒や折り畳みスコップがガッチャガッチャと、
今にもちぎれて飛んで行きそうなほど激しく動く。
首にぶら下げている自動小銃は振り子のように揺れ、リズムが狂う。
音をたてないように手を当てそれらの動きを止める。
肩にくい込むバックパックの両肩パットを掴む。
背中とバックパックが擦れて特有の擦り傷が出来る.

激しい訓練にについていく為に必死で走り続けたが、
入隊するまでに身につけていた普通の走り方では思うように足が進まなかった。

ハイストレスな状況下、 既に思考は呼吸と苦痛の制御で目一杯である。
しかし、身体は最善の動きを自然と身につけて行く。

両手の振りが制限されつつ、上下に跳ねる動きを抑え、腰を落とした低重心の動き。
天井の低い洞窟にいるかのように走る。
それが、限られたエネルギーで無駄なく前に進む方法であった。

誰でも皆、生まれてから何らかの癖付けられてきた「動き」がある。
それが、過酷な状況下で長時間に渡り矯正される様な経験をした。
いつしかミリタリー特有の動きを出来るようになっていた。



興味のある方は、天井の低い洞窟をイメージしつつバックパックを背負ってみて下さい。
ミリタリー特有の走り方とは、実際に過酷な経験をしなくても、
このような事を意識して頂ければある程度出来ると思います。


by HOSOKAWA

sengi-2.jpg





[ 2009/12/07 00:00 ] 回想録 | TB(-) | CM(-)

元隊員

私が、外人部隊に入って良かった・・・と思うことは幾つかありますが、一つは「人との出会い」です。
沢山の出会いはありましたが、鮮烈に記憶に残っている人物が一人います。



それは、元SAS隊員のS氏です。

SAS(Special Air Service/イギリス陸軍特殊部隊)をリタイヤした彼は
私より一カ月ほど早く外人部隊に入隊していたので、新兵時代に同じ中隊に配属されていました。

当時、彼から聞いた話は、
それまでに見てきたアクション映画やドラマよりも遥かに面白く大変興奮しました。
今でもその話に勝るような映画やエピソードには触れたことがありません。
IRAの要人2人をターゲットにした作戦行動の話、
湾岸戦争時に1ユニットだけで敵の通信基地をボコボコにした話・・・等々、
日本語がとても堪能な彼は、
SAS時代のエピソードや私が聞きたいことをその場で惜しげもなく披露してくれました。

それらの話を通して、aesにおける「基礎的思考」の種を授けてくれました。


彼は今頃、どこで何をしているのであろう?
何度もコンタクトを試みたが、未だ連絡がとれない・・・。
何より無事であってほしい。

私の「理念の師」である彼と、もし再会することが出来たら・・・何から話そう?


by HOSOKAWA



弓削島・追記↓

世界中の特殊部隊が模範とするSAS
その部隊の最前線で活躍していたS氏との交流エピソードをHOSOKAWAから幾つか聞きました。
一部では世界最強部隊と云われていますが、
根幹をなす理念が呆れるほどアナログであることに、私は驚きを隠せませんでした。
当時のHOSOAKWAの立場なら、より衝撃が強かったことでしょう。
S氏との交流後、心構えが180度変わったことが安易に想像できます。

「何故そうなのか?」
「何故そうするのか?」
答えは実にシンプルであること。

やはりaesは技術より精神論が第一ですね(笑)

sengi-4.jpg






[ 2009/11/18 00:00 ] 回想録 | TB(-) | CM(-)